サマナーズウォー無課金勢の砦

サマナーズウォーを無課金で攻略します!

サマナーズウォー引率と経験値効率のよい周回について説明

      2016/03/15


前回はレベル上げの場所と方法を紹介しました。

今回は「引率」についての説明をしますね( ´∀`)
よく使われる言葉なので知っておきましょう。

初心者にとってはそこまで重要でもないのでかる~く理解する程度でOKです。

ついでにレベル上げの効率についても書いていきます。

Sponsored Link

レベル上げ周回の「引率」について

「引率」と言うのはレベル上げのときの保護者です。

小学校の遠足の時には
先生が乗り換えやら何やら全部やってくれましたよね。

ダンジョンで敵を1人で倒してくれるモンスターを「引率」と呼びます。

要するに1体でダンジョンをクリアできるモンスターのことです。

レベル上げでは同じダンジョンをひたすら回る(周回する)ので
引率モンスターがいるとたいへん楽です。

序盤は全体的にモンスターが育っていませんから
引率は必要ないですね。

パーティ全体でクリアしていきましょう。

Sponsored Link

引率に使うモンスター

引率に使うモンスターはアタック性能の高いモンスターが多いです。
単純に強い☆4だったり☆5だったりすることもあります。

そのダンジョンを単体でクリアできれば何でも良いです。

できれば優秀なリーダースキルを持っているといいですね。

よく引率に使われいている無課金モンスター2体を紹介します。

ラオーク(火イヌガミ)

引率モンスターの代名詞的存在。

パッシブスキルの「抹殺」が非常に強いです。

敵を倒すと再行動するので、
1ターンで敵を全滅させることもあります。

攻撃力が高いうえにスキル1で相手の防御力を下げることもできるエース。

ラピス(水魔剣士)

初心者おすすめモンスターの一つでもある水魔剣士。

全体攻撃が多く効率よく敵を倒すことができる。

☆4なので覚醒が難しいのが欠点ですが、
覚醒すれば「味方モンスターの攻撃力25%アップ」のリーダースキルを獲得します。

育てて損のないモンスターです。

周回の経験値効率について

周回するなら難度の高いダンジョンが効率いいです。

Normal よりもHardやHell の方が◎

序盤の目標にパイモン火山周回がありますが、
火山のHardやHell を周回できるようになるのはだいぶ先の話です。

パイモン火山Normal よりも
カビール遺跡やラゴン雪山のHell の方がエネルギー効率がいいです。

Normalの一番難しい場所よりは、
Hellの一番難しい場所を周回したほうがいい、ということ。

引率と経験値効率

引率はレベルMaxじゃないモンスターを使ったほうがいいです。

これは単純にレベルMaxのモンスターが
経験値をもらったらその分は無駄になるからです。

引率を使った育成を考えるときは、
レベルMaxじゃないモンスターを引率に使うと効率がいいです。

またはフレンドを引率に使うか、ですね。

精神的な楽さを言うなら
レベルMaxのモンスターを引率に使ってもいいです。

あくまで効率を求めるなら、レベルMaxはNGということで。

まとめ

少人数でクリアすると1体あたりの分け前が増える。

フレンドのモンスターは、分け前がいらない。(自分のモンスターだけで分け合える)

序盤は引率モンスターを作らないくていい。

さて、次はルーンについての説明です。

次ページ

Sponsored Link